ハプラス歯科
メニュー
営業時間[日曜・祝日定休]
【月〜土】10:00-14:00/15:30-21:00
ご予約・お問い合わせ(CT・初診料無料)
☎ 0120-695-570[24時間365日受付・急患9:00-22:00]
HAPLUS ハプラス歯科
営業時間
無料カウンセリングのご予約・お問い合わせ メールで問い合わせ
中文版
  1. ホーム>
  2. ハプラスブログ

渋谷ハプラス歯科

渋谷ハプラス歯科令和[2019/04/01]

本日11時41分、新元号が発表されました。

「令和」れいわ。

7秒ほどして、新元号がもつ響きがじんわり体に伝わってきました。

美しい。と思いました。

響きで美しいと思った後に

令という漢字と和という漢字の絶妙な調和を視覚的に感じました。

 

令という字の視覚的な美しさと背筋が伸びるような奥ゆかしさ。

和がもつ柔らかさ。

 

令の字は、

初春の令月にして、気淑(よ)く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫らす

という万葉集の歌からとったものだそうです。

(ということで万葉集を早速購入。)この本では、令き月(よきつき)という表現がされています。良い、美しいという意味です。

 

それと共に、一つの時代が終わりを迎え、新しい時代が始まることを実感しました。

私は昭和生まれですが、人生の殆どを平成という時代で過ごしました。

幼稚園から小学校、中学校、高校、大学、大学院、そしてハプラス歯科で働く今に至るまでです。

いい思い出も辛い思い出も、このように一つの「平成」という時代として一括りに振り返ることができています。

平成は、阪神大震災や東日本大震災、その他多くの自然災害がありました。また、極東アジアの情勢が不安定になっている時代背景もあります。

そんな中、2020年には東京オリンピックが開催されます。

様々な国難を経て、日本が復興・再興している時代であると感じています。

ここ渋谷でも100年に一度と言われる都市再開発が集中的に行われています。

新時代の幕開けと言ったら大げさかもしれませんが、非常に感慨深い心持ちです。

 

中島みゆきの「時代」の歌詞「あんな時代もあったねときっと笑って話せる日がくるわ」というように、平成という時代をいつか懐かしく回顧する日がくるのでしょうか。

 

矢野

 

 

 

 

 

渋谷ハプラス歯科International Dental Show レポート by 矢野[2019/03/26]

二年に一度ドイツのケルンで開催される世界最大のデンタルショー

インターナショナルデンタルショーに参加してきました。

個人的には初参加となります。

木村理事長から、「世界の潮流を知るために必ず行くべきだ」と勧められました。

ドイツは12年ぶりでしたし、グローバルな空気感を味わいたく、

また、最新の歯科業界に関して知りたいという思いがありました。

 

会場はケルンメッセ。かなり広いです。といいますか、巨大です。

IDSには世界各国から大小合わせて4000もの企業が参加。

参加者4000人ではなく、4000会社!!

そしてとにかく人が多い。とくにヨーロッパの方々が多い。

会場に入ってしばらくは規模と多国籍感に圧倒されてあっという間に時間がすぎました。

この空気感はなんとも言えませんでした。日本では体験できない種のものです。

参加職種も、ドクターのみならず(むしろドクターは少ないかも)衛生士、バイヤー、各業界関係者など様々。

こうやって規模を見ていると、「歯科医療」の産業としての巨大さを実感しました。

聞いたことの無い企業が沢山あり、そして日本の企業は多くない。

韓国、中国の企業は日本の出店数の3-4倍。

これは日本が世界に誇る会社、GC(ジーシー)

そしてラスベガスのカジノかと錯覚するようなおしゃれなブースも。(真面目な会社です)

大企業ほど大きなブースを設営していました。

現在の歯科界のイノベーションは何かというと、

デジタル化。

口腔内のデータを3Dスキャナーでスキャンし、データ化。

それをもとにVRでインプラント手術のシミュレーションを行うことも可能。

そしてそこから

このように自動削合マシーンで10分でかぶせものを作ることも可能。

あるいは将来的には ↑3Dプリンタ で被せ物を作ることも可能になるかもしれません。

 

VRでのシミュレーションは非常に面白かった。没入感があり、また3次元的に骨の中を覗けました。

これは教育や術前シミュレーションに良いと思います。

 

デジタル化のフローをまとめますと

患者のデータを

・採得する→ CTテクノロジー 3Dスキャナー そしてそれを重ね合わせる技術

・診断/シミュレーションする→ 診断ソフトとシミュレーションツール(VR)

・制作する→ 3Dプリンティング、ミリングマシーンで 補綴物やサージカルガイドの制作

などに分けられると思いますが、

どの会社が、どの分野に強いというのが関心を集めます。

以前と違い、いまはデータがオープン化していますので、CTとシミュレーションソフトが違う会社でも大丈夫です。

さらに補綴物制作に関しても、大型の技工所がミリングマシーンを所有していますので、

デジタルに強いラボとオンライン上でやりとりをすれば、ワークフローがデジタル化できます。

 

 

デジタル化は良いのですが、導入が難しい。

一般臨床に適応しようとすると、ワークフローのスムーズさとコストパフォーマンスが非常に重要になるからです。

400万円する機械を買っても、2-3年で新しいものがリリースされます。もっと便利でクリティカルな機器がそのうち出るわけです。

歯科用顕微鏡とデジタル関連機器では、サイクルが違います。

もうすでにデジタル機器を多数取り揃えて有効活用しているクリニックはありますが、

大多数のクリニックは、デジタル関連の全体的な価格が下がったり、機器の開発スピードが落ち着いてくるのを待っています。

今後も数十年はこのデジタル化が歯科業界のトレンドになるはずです。

 

将来的には、診断AI、AR、ロボットアーム(マイクロアーム、サージカルアーム)、固い材料の3Dプリンティング、人工骨の3Dプリンティングが次のトピックになるのではないかと予測しています。

また来ます。ケルン

写真はケルンとデュッセルドルフの地ビール

ビールは時差ボケ解消に効くらしいです。。。?

 

矢野

 

 

 

 

 

 

 

渋谷ハプラス歯科基本に忠実に[2019/02/26]

理事長に聞きました。

「インプラント治療の秘訣はなんですか」と。

すると理事長はこう答えました。

「基本に忠実にすること」と。

 

ということで

コースに参加し、基本から学び直しをしています。

臨床経験をある程度積んでくると、基本的な知識がより重要に感じます。

ワールドスタンダードの理論と術式を学んでおります。

新しい発見が沢山あります。

豚顎を使ったオペ実習では、インプラント埋入と移植の実習を行いました。

いろんなコースがありますが、

今回参加したコースの良いところは、

エビデンス(科学的根拠)をしっかり勉強しなおすところです。

 

なぜその治療方法がいいのか。

合併症の確率は。

なぜその材料を使うのか。

 

などを見直すいい機会になりました。

 

矢野

 

  1. 前へ
  2. 次へ