HAPLUS ハプラス歯科
営業時間
無料カウンセリングのご予約・お問い合わせ よくある質問
中文版 英語版
  1. ホーム>
  2. インプラント

インプラントは自然な使用感が長持ちする治療方法です

日本語の意訳で、「人口歯根療法」とも呼ばれています。
歯牙は歯冠・歯根からなっており、歯根部分まで悪くなってしまうと、抜歯することになってしまいます。
抜歯された部分は「ブリッジ」、「入れ歯」、「インプラント」するしか治療の選択肢がなく、
この中で自分の歯の機能を歯根から回復することができるのはインプラントしかありません。

  1. ブリッジ
  2. 入れ歯
  3. インプラント

歯根部分から機能回復がなされるインプラントは、現在の治療法のなかでも、自然にかむことができ、自然な見た目、発音などの使用感を得ることができる治療法です。
データ上は最も再治療の頻度が低く、つまり長もちするというメリットがあるのです。

安全のために

治療経験から、患者様毎にインプラントシステムを選択

当院は世界シェアの高いインプラントから患者様に合わせて
インプラントブランドをご提案します。

【ノーベルバイオケア社】
世界シェア第1位。スウェーデンに本社を構える、
近代インプラントシステムのパイオニアで、
40年を超える臨床応用実績を誇るインプラントシステムです。

【京セラメディカル社】
日本シェア第1位。1978年に日本発の歯科インプラントとして発売を開始し、
国産メーカーとして最も歴史のあるインプラントです。

【BBC社】
臨床医師との積極的な共同研究により「インプラントを中心とした
骨治療の統合システムの確率」をコンセプトとして常に新しい技術開発を行っています。
米国FDA認可の国産メーカーです。

世界で使われる医療機器メーカーのCTを採用

当医院のCTは低被曝と高い画像クオリティの両方を実現できる歯科用CTである、
シロナのガリレオスを採用しております。
CTで撮影する3D画像データは、インプラント治療をはじめとする治療に
欠くことのできないものであり、患者様に安心して頂けるように
世界的な医療機器メーカーとして知られる
ドイツのシロナ社製のCTシステムを導入しました。

医療先進国のヨーロッパ規格の滅菌で感染対策

インプラントなどの治療では、器材を通じての感染防止に
高い滅菌のクオリティが求められています。
医療先進国のヨーロッパ規格においてクラスB条件をクリアした
「バキュクレーブ31B+」は、数回の真空と蒸気・加圧をくり返す
高性能なプレポストバキューム方式を採用。
優れた滅菌性能とあらゆる器材の滅菌を可能としています。
日本ではまだ導入の少ない当院自慢の機器です。

当院の手術経験が8,600本以上あること

当院は2012年の開業から、これまでに4,500症例8,600本の手術実績を誇り、
毎年数百本のインプラント手術を行い、成功させてきた経験と技術があります。
当院では厳選した設備と、経験に基づいた技術で患者様にご安心頂けるよう治療を行います。