HAPLUS ハプラス歯科
営業時間
カウンセリングのご予約・お問い合わせ メールで問い合わせ 初診予約はこちら
中文版 英語版

HAPLUS ハプラス歯科

  1. ホーム>
  2. ハプラスブログ

その他

その他 心と身体の健康健康寿命の延伸のために。[2022/05/14]

東京で4つの歯科医院を運営しています、ハプラス歯科の木村と申します。治療費を普通の半額くらいに抑えることで、ここまでは成長してこられました。来週以降、少しだけ値上げとさせていただきます。安さだけでなく、ありがたいことに患者さんの評判もわりと良く、今後はそこをさらに強化して、少しは治療費が上がってしまいますがその分満足度や安心度を上げて行きたいと考えています。

さて低価格でやっている分患者さまにたくさんご来院いただけるので、しかも手抜きせずにやろうと思うと、当然忙しくなるわけです。ほっとくと働きすぎになります。運動不足やうつ病になります。その対策を意識的にせねばならないのですが、私の場合は何をやっているのかというと、シーズンスポーツを結構やります。

以前に健康コラムで、自然には癒しの力があるということを書きました。そして運動するとプラス方向ホルモンが出て、”少なくとも”抗うつ薬よりはメンタルに効果があるということがわかっています。ですので、自然の中でスポーツすることは一石二鳥なんだそう。

連休でシーズンアウトになったのですが、今年はスキーにたくさん行かせてもらいました。土曜日もちょいちょうお休みもらい、土曜オンリーの患者様方、ご迷惑おかけしました。

スキーの検定にも無事合格。今年の冬はメンタル的にとーても安定してました。相関的に業績も堅調でした。スノースポーツ、めちゃおすすめです。

ハプラス歯科 &東京都スキー連盟 木村

その他 歯科経営ウクライナ戦争に学ぶ。[2022/05/11]

東京で4つの歯科医院を5月15日より、治療費が少々上がります。申し訳ありません。ご理解下さい。

当院がある程度うまく行ったのは、私が歴史好きで、歴史から学んできたから。その歴史は、ほとんどが戦争の歴史で、実際学んでいて面白いのも日本ですと戦国時代になるし、世界史でも大戦がその大部分の紙面を割いている。そのくらい一気に歴史が動くのも戦争、と言える。残忍でひどいので、できれば早く終わってほしいけど。

ウクライナ・ロシア戦争で、ここまではウクライナの大健闘だと思って見ている。経緯を振り返ると、ロシアは当初のウクライナ電撃侵攻に失敗している。ランチェスターだったか孫子だったかの兵法の中に、戦力差が10倍あれば包囲殲滅せよ、というのがある。ロシアとウクライナの国力、軍事予算規模は10倍とも見られるが開戦当初の作戦ではその10倍を用意できなかった。それなのに北のベラルーシ、東のロシア本国、南の海からと攻め込んだ。多くの報道にあるようにウクライナを甘く見ていたということだろう。

ウクライナ側からしてみれば完成していない包囲網は戦力の分散となるわけで、伸び切った補給線を小型ミサイルで徹底的に叩いて各個撃破し、首都キーウを包囲せんとするロシア軍の方が一時飢えるという事態にまでなった。結果ロシアは首都攻めから一時撤退、戦線の再編成をして今は東側から徐々に攻め入っている。

このように戦術レベルでは、ウクライナは健闘、ロシアを押し返し、将校の5名戦死や旗艦を含む大型艦船の撃沈に見られる戦果も上げて、それを大々的にwebで喧伝し世界からの支援も取り付けている。

しかし戦略レベルではどうか。ロシア側からすれば平地のウクライナはどちらかといえば攻めるに易く、ロシアは守るに堅い。冬を味方にする術も、今後ロシアに有利に働くはず。戦いが長期化すればするほど、自前の資源と国力に勝るロシアがどんどん有利になってゆく。

いつの時代も戦争は、結局は資源の奪い合い。その資源に勝るロシアが自力では有利。本気の陸戦になった時、とりわけ形勢が悪くなってからのロシアも伝統的に強い。もっとも今回はロシアが一方的に攻め込んでいるので、お得意の焦土作戦は見られないはず。それでも核の恐怖も本当に大きいし、既にクラスター爆弾は使うわ、生物兵器使用の疑いはあるわで戦争とはいえモラルなんて無いし、やっぱりロシアは怖い国。こんな国がすぐお隣なわけだから恐ろしい。

過去に何人かのロシアのDrや患者さんと関わったが、やっぱ怖い人が多かったような。いい人もいたけど。

戦いが始まるまでは補給が、戦いが始まってからは将兵の優劣が勝敗を分ける。健闘とはいえずいぶん侵攻されたウクライナ。ここからゼレンスキはじめ、天才と言ってもいいウクライナ指導者たちがどんな手を打つのか。当院も4院の医療法人と言っても弱者の立場。劣勢から工夫で勝たねばならぬ側として、趣味は悪いかもしれないけれど、学ばせてもらっている。目が離せない。

ハプラス歯科 理事長 木村

その他 心と身体の健康プロの芸術家と医者/歯医者の似ているところ。[2021/10/26]

東京で16年歯科医をしておりまして、8000箇所ほど顎骨を削る手術をしてきました歯科医の木村です。
今回も心の健康に少しは効く内容と、歯科の仕事についての事を。
今年のショパンコンクールは日本のかたが2名入賞して下さり、見ていてとても満たされるものでした。2位に入られた反田さんにあやかって、当院も輸液の標準をソリタにしようと思います。
 
ショパンコンクール といえばこれですよね。「ピアノの森。」

ハプラス歯科 木村

その他 心と身体の健康 鎮静法ショパンコンクール2021[2021/10/19]

私は東京でいちファンとして音楽を愛している歯科医の木村といいます。音楽家の皆様を尊敬しています。

さてもうじきchopin competition 2021はファイナルがはじまりますね!そして喜ばしいことに今回は我が祖国日本から2人もファイナリストに残られたよう。
こんなにレベルの高いピアノの中で。
本当にすごい。しかも二人とも、個性ありますよね。素人の私でも少し感じます。
いつかお食事させてもらったピアニストの方がおっしゃっておられました。音楽家は自分の音楽がないと、と。上手なのは当たり前で、その先って事なんですよね。
3次予選は私は感動したかと思えば眠くなり、そして寝てしまった人がファイナル残ったり、もう勘弁して!!ってくらい聴かされた人が落選と、当たり前ですが、誰が最高なのか、わかりません。楽譜も無ければショパンとは、ポーランドとは、もわからないし、純粋に楽しめる今が幸せだなあ。
これはピアノコンペは今後20年は楽しみにできそうです!
さてファイナルは以下の方々。
 

3次予選、みなさん凄かったんですがわたしめちゃ推しこの人。何とも言えず、私ごときには表現できません。

 
 
 
 
 
 
 
 
ひょっとしたら調布市仙川ですれ違っていたかもしれない北海道の天才児がこんなに立派に。すごいですね。
 
ピアノの森に数コマあるんですが、このレベルまで達すると順位どうでもいいです。
すごい。

 

 
個人的には奏者もそうなのですが、楽器のほう。シゲルカワイに勝ってほしい。スタンウェイに勝ってくれないかなあ。
決勝で誰か一人でも使ってほしい。
BuiさんもLeeさんもカワイ使ってくれていた。
そしてこのへんで寝ます。理由は決勝は聞いても、もうわからないからです。協奏曲になると、一気に聴く要素が変わって、ああ良かったなで全部終わるから、寝て。また明日聴くことに。
おやすみなさい。

 
でももし日本人が勝ってしまったら、すごい。そしてあり得る、とも思う。舞台は生きているし、何があっても不思議はない。
今日は全く歯にも健康にも関係ない事書きました。すみません。
おやすみなさい。
 
 
ハプラス歯科 木村

その他 新宿ハプラス歯科 鎮静法鎮静法、緊急薬剤[2021/07/30]

静脈内鎮静法はじめ様々な鎮静手法を駆使して嘔吐反射や歯科恐怖症の患者さまをかれこれ1000例ほど治してきましたハプラス歯科の木村です。
外来で行う鎮静法は、繰り返しになりますが特別な治療と考えた方がいいです。
急変時に病棟があれば話は違うのだと思いますが、そうではないところでやる場合も多いと思いますので。
何かの際には緊急薬で対処しつつ病院に送る、となってしまいますので、基本的には健康な人しか行わないようにしています。
緊急薬もいろいろ有りますが、できれば使いたくないものです。
こちらのお薬は買ってからまだ一度も使っていませんで、それで使用期限が切れて、もったいないのですが、
有り難かったなと思って捨てることになります。
これからも緊急時のお薬は使いたくないものです。

 
 
 
新宿ハプラス歯科 木村

その他 医院の事 歯科経営コロナと大規模イベントの今に、日本を想う。[2021/07/14]

社会情勢と世の中の流れ、ビジネス観察を好むハプラス歯科の木村です。今日もお役に立つ気づきを共有できれば幸いです。
東京は四度目の緊急宣言。そして東京オリンピックはやるもののほぼ無観客、となりましたね。
この決定が日本という社会と民族をよく表していると思います。
先週末はちょっと時間があったので、夜に久しぶりにスポーツ見れました。ウインブルドンテニスやっていましたね。
皆さんどのようにやっていたかというと、客席は満席の密で、皆さんほぼマスクは無し。
 

 
 

ご皇族もマスクなしでこの距離。
 

 
 
これはサッカーのEUROも同じ。マスクなしでみんな絶叫。
メジャーリーグも普通にそう。
世界の認識はそんな感じなのです。ワクチン接種率も日本が低いというわけでもないのですが、世紀のイベントを開催するのに無観客な日本。
いい悪いがどうのでなくて、合理的な決定ができないのだと思います。有事の責任を取りたくないのが日本人。いい悪いでなく。
さてそんな日本人の一員として私がどうすべきかというと、私もより保守的に、大失敗しないように、無難にやっていくのがいいよな、と思いました。
オリンピックも、純粋にスポーツ選手の交流試合、という性格に落ち着いたので、オリンピック原因では誰も死なないと思いますから、文句も少ないでしょうし、日本らしくてこれでよかったのではないでしょうか。
当院も、ありがたいことにまずまずのサイズまで成長することができましたので、今までは無理してイキってきた面ありますが、ここから先は丁寧に、波風立てずに穏便にやって行こうと思います。
そんなわけで、
何か私どもの仕事でご迷惑や、気に入らない点がございましたら、ご連絡いただければ幸いです。より謙虚に、姿勢を正して社風を直してまいります。
 
ハプラス歯科 木村

その他 医院の事コロナワクチンの安全性。[2021/06/28]

今のところCOVID-19の影響も最小限に留めつつ、診療を続けておりますハプラス歯科の木村です。
大急ぎで開発されたものの、その安全性の是非を問われていたコロナワクチン。私も打とうか打つまいか、散々悩みました。こんなに短期間で作られたRNAワクチンを打っても本当に大丈夫なのか、議論されています。遺伝子レベルで問題おきたらどうしようか、コロナを利用した何かの陰謀が本当にあってワクチンに作為があったらどうしよう・・・などです。
それで医療従事者なので早期に打てる側だったのですが、様子を一応見ておりました。いいものが出てきたら結構すぐ飛びつく方ですが、安全に関しては失敗したくないので結構慎重に諸々精査して決めています。
そしてですが、自分なりに調べて調べて、結局きのう接種してもらいました。
なんの医療もそうですが、作用と反作用があります。メリットとリスクがあります。
今回は結構リスク高いのでは?とも思いましたが、利点の方が大きいと思いました。
リスクですが、私は健康なので接種後に急に死ぬことは少ないはずで、怖いのは長期的な人体への影響、そこをずっと考察していたのですが、
今回の遺伝子レベルのワクチンであるコロナワクチンは、mRNAワクチン、つまり原理的に考えれば、それがDNAまで遡って人体や人類そのものがおかしくなるということはないであろう・・・たぶん。との考えに至りました。
安全性ですが、本当のところは誰もわからないのです。10年とか月日がたって検証されるのだと思います。よって社員の接種は当社は社員個人に任せています。
個人のレポートとしては、
昨日1回目を私は打ちましたが、24時間たち、腕は確かに痛いし重い。
倦怠感は少し。
熱発なし。
となっています。
当院の社員たちは、1回目は大したことなく、2回目接種の時は熱発者が続出しています。
 
ちなみに注射は10年来お世話になっている池袋院7階の安康メディカルクリニックの安康先生(お父様のほう)にお願いしました。日曜なのに医院を開けて接種の仕事をなさっており本当に頭が下がります。
身体がおかしい時はあんこう先生に見てもらうと決めているのですが、安康先生ご自身も色々と考えられて接種のお仕事をなさっているのだと思います。信頼できる先生がそのようにしてたのも一つ安心材料になりました。
ちなみに私が知る中で注射が一番うまい医者は安康先生です。それでもコロナワクチンの筋注は翌日痛みあります。
 

 
 
 
 
ハプラス歯科 木村

その他東京オリンピック、開催してほしい②[2021/05/11]

続き
そして開催してほしい最後の理由は、人生を競技にかけて若い頃から努力してきた選手やそのご家族の皆さんのお気持ちを察すると、どんな形でもやってあげてほしいなと思うからです。
そして今回、すっごく日本有利だと思われるからです。
ただでさえスポーツごとはホームのアドバンテージがあります。
地の利は何においてもあるのだと思います。
それに加えて今回は様々なコロナの制限があると思われまして、外国からの参加選手の皆さんは、
まず快く支援してもらうので大変。
移動するのでさらに大変。
到着してからも、練習場所の確保などで大変、
という過去の大会より大変な状況は容易に想像できます。
その点、日本人選手は上記の苦労は少ないわけで、圧倒的有利と言えると思います。こんなに日本人有利に傾くゲームは、過去にも未来にも無いのではと思います。
7月には日本の空前のメダルラッシュ、なんてことになってくれればと願っております。
私は普通の日本人なので、日本が勝つと嬉しいですし、
参加選手の皆さんも、ちょっとでも成績がいいに越したことはありません。メダリストの方のお話しを直接聞いたことがあるのですが、その後の人生、全然変わって来るはずですから。
というわけでして、私、個人的にはオリパラの開催、強く願っています。応援しかできないのですが何か当院でやれることありましたらご連絡下さい。
日本ファイトですね。
ハプラス歯科 木村

その他東京オリンピック、開催してほしい①[2021/05/10]

オリンピック期間中医院はどうするの?とちょくちょく質問があったので、そろそろ書いてみようと思います。
最近は東京五輪開催に関する
ニュースで世間は割れています。
ワシントンポストは五輪中止を促して
中国の習近平主席は五輪開催支持のようです。
一方、国内においては
東京都知事選挙で敗れた宇都宮氏が
東京五輪中止オンライン署名を始め
20万署名が集まっています。
五輪中止派の勢いの方が強いようで、読売の世論調査でも6割が5輪中止を求めているのだとか。
私の母もさっさと中止にすればいいのにと言っていましたので、硬く堅実に判断する真面目な日本人の気質というところでしょうか。
さて、東京五輪は開催されるのかどうか
ということなのですが、たぶん開催されるのではないでしょうか。そして私自身も個人的には開催してほしいなと思っています。
なぜかというとまず日本の感染者数というのは
世界的に見るとそんなにひどくないからです。開催地としては世界的、コロナ的に見れば安全と言えると思います。
そして医療にもまだ少し余力がって、もう少しの感染拡大にも耐えられうる状況だからです。
東京五輪に向けて
これ以上広がらないように
不安をあおったり
規制をしているのでしょうが、現実にはできる状況ですしやってほしいなと思っています。
ずっとこのまま緊急宣言してでもやってほしいものです。
続く。
 

 
 
ハプラス歯科 木村

その他アメリカ大統領と歯科補綴。[2020/11/13]

アメリカの大統領選挙と歯科補綴。

私はアメリカ好きです。

米軍基地の近くに住んでいる人や、アメリカに被害を被っていらっしゃる方は国内に多いと思いますが、日本はある一定数のアメリカかぶれがいまして、私もその1人です。なぜアメリカが好きなのかというと

1強い

2面白い

3合理的

4つまり魅力的

今回の大領大統領選はまさにこの2番の面白いというところが存分に出て、見ていて本当に楽しかったです。半分はトランプさんの面白さによるところが大きかったと思いますが。

私も以前はトランプを見たときになんだこいつはと思い、アンチトランプから入ったわけなのですが、彼のカリスマ性は凄く私も見るたびにこいつは何を言っているんだろう、そして何を言い出し始めるんだろうとどんどん興味を惹きつけられました。

モノマネもうまくなりました。

安倍さんとトランプのマネとか一人でしてました。

4年前は、こんなに離婚歴があり女性好きで、借金たっぷりで、何回も嘘をつく人に核ミサイルボタンをアメリカ人は委ねるんだなと理解不能な一面、そんなこと以上にアメリカの白人の生活も国際化でどんどん苦しくなってしまっていてそれどころでは無いのだなと思ったものですが、

人間は弱いもので、自分の命と生活を何より大事にしますのでので、民主政治の行き着くところは衆愚政治で、トランプさんになっちゃったんだな、中国的な日民主政治の方がむしろ優れた統治ができるのだろうと。私も民主的よりは先制的に、そういうふうにしていこう、患者さんの声や社員の声を聞きすぎると組織というものは堕落していってしまうから気をつけよう、とか思ったりしたものです。

今回ちゃんとといいますか、バイデンさんになったと言うことでどうやらアメリカも普通の日常に多分戻るんだと思います。日本にとっては、自民党と共和党が歴史的に仲が良いので、民主党になると牛肉とかオレンジを買えとか為替でいろいろやられたりと、むしろ大変になるのかもしれません。備えて準備しようと思います。

それにしても本当にアメリカは面白いです。

強さの弊害での分断と言うのはあるのだと思います、でもそこはあまり心配していなくてそもそもこの国は生まれた時から1つの国の中に2つの国があるようなそんな国家で、南北戦争したり、禁酒法を制定させたりと、そんな変わったことがあるので、また戦争などが起こり、国がまとまって仲良くなるんだと思います。

最後に歌手のマドンナの名言を紹介したいと思います。

「民主主義ってポップスね。つまりは人気者が勝つってこと。」

バイデンもトランプも、すごい人気者です。そしてその人気を支えているのは彼らの平均よりはるか上のルックスであることは間違いありません。70代なのに、めっちゃキュートです。そして50歳の頃よりどんどん若返っています。

2人とも歯科補綴をしているようですが、成功するためにはやはり歯はちゃんとしないといけないのだと思います。魅力アップのために歯科補綴は有効です。歯のことはちゃんとやりましょうと学んだ大統領選でした。それでもトランプもバイデンも加齢によって咬合は歪んでいますので、治療の限界はあるとは思いますが。

新宿ハプラス歯科 木村

 

 

  1. 次へ
  1. ホーム>
  2. ハプラスブログ