HAPLUS ハプラス歯科
営業時間
カウンセリングのご予約・お問い合わせ メールで問い合わせ 初診予約はこちら
中文版 英語版

HAPLUS ハプラス歯科

  1. ホーム>
  2. ハプラスブログ

鎮静法

インプラント 鎮静法6月のヤマ場[2022/06/24]

1週間に60時間ほど診療、さらにその後事務整理などでここ10年患者さまのためにハードに診療してきましたハプラス歯科の木村です。

いや、仕事があって求められて働いているというのは、ありがたいことです。さて6月はストレス月間なのですが、ちょっと気温も上がり雨も減りましたし、皆様もヤマ場超えたのではないでしょうか?私も今週が一つのピークで、深夜診療することに(ついつい)なってしまったのですが、その日が山だったかなと思います。夜10時前から鎮静麻酔をしつつ患者様を寝たり起こしたりをさせながら(本当は麻酔学的には好ましくありません)噛み合わせを何度も調整して、終わりが見えたのが日付変わって12時半。そこからさらに詰めて、結局終わったのが午前2時半。最後はここまで来たらなんとかしたいなと患者さまとお互い気合いで作品を仕上げるように煮詰まった、という感じに。そしてそういう日に限って内分泌に興奮性の神経伝達物質が動員されており眠りも浅く、翌日早起きで睡眠不足。その夜の前後で今年の前半は乗り切ったのかなと思います。合理化が進んだ現在ですが、私は古い価値観や精神論にも一理あると感じておりまして、医者たるもの、自分のプライベート優先の人は結局いい医者にはなれないと思いますし、圧倒的にタフネスが必要だとこの歳になってますます感じます。こちらをもし読んでくださっている若い先生がいらしたら、いつかその役回りがくる日が来ますので、その時に患者さんと仲間のために疲労を厭わず尽くしてあげてほしいなと思っています。全て終われば結果はどうあれ、とてもいい充足感を得られます。それが医者の幸せとなります。それではみなさまお疲れ様でした。

ハプラス歯科 木村

鎮静法鎮静下での歯科治療の実際。[2022/01/19]

1日1例から2例ほど鎮静法を行なっているハプラス歯科の木村です。私は麻酔専門医なのかと錯覚するくらいの頻度ですよね。鎮静法を受けようと思っておられる患者さんの立場で考えてみると、施術料は高いですよね。うちもなんとか今の値段でやってこれましたが、それでもこんど値上げします。他の先生のところはもっと麻酔費用高くなっているはずです。それもそのはず。やはり行う処置のインパクトと、患者さんの不安からくる術者のストレスが、相当のものだからだと思います。間違うと危ない薬も使いますので、麻酔の先生たちの勉強量も相当必要だと考えると、大体今の日本の値段になるのだと思います。

患者さんでそもそも歯科が怖くて、不安で、無痛治療、とか、鎮静、歯科とかで調べる方は、大体歯医者を疑ってかかってきます、当然ですよね。過去の嫌な経験で歯科恐怖になっているわけですから。大丈夫だと思っていても、実際は麻酔効かないんじゃないか、寝れないんじゃないか、痛いんじゃないか、という疑いで持ってかかってきます。するとどうなるか。鎮静は至適鎮静深度に達しているものの、「先生、まだ寝れないんですか?まだ鎮静って始まらないんですか?何も感じないんですけど!」みたいなことを治療中に口走ります。もう効いてるんですけれどもう効いてますよ、とは言えず、もう少しですかね〜とか少し深くしましょうかね〜とか話して処置はそっと進めていくわけですが、それでも寝たり起きたりの時の起きる時に色々口走られまして、隣の診療室の患者さんにも丸聞こえで、そうかと思えば大いびきで寝て最後終わる、というのがよくあるパターン。そういう方は終わったあとはもう終わってたんですか?私何か言ってませんでしたか?全然痛くなかったです、ありがとうございました、先生に宜しくお伝えください、みたいな感じになります。よかったですねと顔で笑いつつ、そうだよなちゃんと効いてたよな、ああクレームならなくて良かったと安堵し、術中ストレスを感じていた自分に気付きます。やってるこちらもたいへんです。

そんなこと年に200回もやると流石に疲れてもきますし、クレームも出るかもなという嫌な予感も感じますので、そろそろお値上げしてもいいかなと思い激安はやめる事にしました。そもそも虫歯や型取り歯石除去、つまりエアや振動を与える処置は鎮静には不向きで、SRPやインプラントOPEなど水や刺激少なめの処置が最大適応ですので、クリーニングくらいは普通にやれるようになってから歯医者での治療はするのがいいと思います。ちょっと患者さんを慮って頑張りすぎてた反省もあり、それでも鎮静でなるだけ処置したい患者さまを大切に見ていこうと思います。

ちなみに当院に鎮静希望でいらっしゃられる患者さまはほとんどが他で一回鎮静や笑気をやっても全然ダメでそれで切り替えていらっしゃられる方ですので、ご検討なされている患者さまは、その医院の症例や頻度を効いて、実際ちゃんと怖くないのか確かめてからお金も都度都度で払うことをお勧めします。鎮静は払ったお金は返ってこない事がほとんどなので、お金を無駄にしないようにくれぐれもお気をつけ下さい。

今日も2例鎮静があり、よく眠れそうです。その患者さまたちも今頃ぐっすりだと思います。鎮静は2月1日のカウンセリングの方から1回5万円となります。ご理解いただけますと幸いです。

ハプラス歯科 木村

医院の事 鎮静法鎮静法 値上げします。すみません。[2022/01/10]

静脈内鎮静法を1000例(普通の歯医者さんは0例、麻酔専門の先生でも1000例はまれ)ほど行ってきました歯プラス歯科の木村です。
2022年も忙しく仕事始めました。
このたび麻酔薬剤の高騰と、色々と思うところございまして、ハプラス歯科での鎮静麻酔の費用を値上げさせていただくことになりまして、患者さま各位におかれましてはご理解をいただけますと幸いです。今まで患者さまのためにできるだけ低価格にて処置を行なって参りましたが、昨今の状況を鑑みましての判断となりました。すみません。
と言いましても、もともとインプラントの処置のばあいには治療費はものすごく高額になりますので、今まで通り1時間3万円いただきまして、
それ以外、虫歯ですとか親知らずですとかは、1時間5万円、普通の鎮静している歯医者さんのお値段にしようかと思います。2月から実施の予定です。今後もどうぞよろしくお願い致します。
 
ハプラス歯科 木村

その他 心と身体の健康 鎮静法ショパンコンクール2021[2021/10/19]

私は東京でいちファンとして音楽を愛している歯科医の木村といいます。音楽家の皆様を尊敬しています。

さてもうじきchopin competition 2021はファイナルがはじまりますね!そして喜ばしいことに今回は我が祖国日本から2人もファイナリストに残られたよう。
こんなにレベルの高いピアノの中で。
本当にすごい。しかも二人とも、個性ありますよね。素人の私でも少し感じます。
いつかお食事させてもらったピアニストの方がおっしゃっておられました。音楽家は自分の音楽がないと、と。上手なのは当たり前で、その先って事なんですよね。
3次予選は私は感動したかと思えば眠くなり、そして寝てしまった人がファイナル残ったり、もう勘弁して!!ってくらい聴かされた人が落選と、当たり前ですが、誰が最高なのか、わかりません。楽譜も無ければショパンとは、ポーランドとは、もわからないし、純粋に楽しめる今が幸せだなあ。
これはピアノコンペは今後20年は楽しみにできそうです!
さてファイナルは以下の方々。
 

3次予選、みなさん凄かったんですがわたしめちゃ推しこの人。何とも言えず、私ごときには表現できません。

 
 
 
 
 
 
 
 
ひょっとしたら調布市仙川ですれ違っていたかもしれない北海道の天才児がこんなに立派に。すごいですね。
 
ピアノの森に数コマあるんですが、このレベルまで達すると順位どうでもいいです。
すごい。

 

 
個人的には奏者もそうなのですが、楽器のほう。シゲルカワイに勝ってほしい。スタンウェイに勝ってくれないかなあ。
決勝で誰か一人でも使ってほしい。
BuiさんもLeeさんもカワイ使ってくれていた。
そしてこのへんで寝ます。理由は決勝は聞いても、もうわからないからです。協奏曲になると、一気に聴く要素が変わって、ああ良かったなで全部終わるから、寝て。また明日聴くことに。
おやすみなさい。

 
でももし日本人が勝ってしまったら、すごい。そしてあり得る、とも思う。舞台は生きているし、何があっても不思議はない。
今日は全く歯にも健康にも関係ない事書きました。すみません。
おやすみなさい。
 
 
ハプラス歯科 木村

心と身体の健康 鎮静法偉大な芸術に触れると、魂は若返る。[2021/10/15]

東京で16年歯科医師をしています木村です。今日は健康に役立つかもしれない内容です。
16年やってきて、単純に数字の結果だけだと良い位置に来たなと思えますが、苦もあれば楽もありました。
そんな今年も10月に入ってからたまに眠れない夜があります。いい意味で、です。
理由は欧州のポーランドで5年に一度の、おそらくは世界最高のピアノコンペティション、ショパンコンクールが開催されているからです。今はyoutubeで配信が見られるようになったので、うっかり寝入り時にライブ配信に当たってしまうと、眠れず深夜になります。
心が疲れた時、病みそうな時の薬はいくつかあるようですが、その一つが芸術です。
いくつもの研究で証明されています。
音楽、とりわけクラシックも好きで、良かったなと思います。
 
ショパンのピアノは、格別です。
芸術好きな人種の中では理解の浅いミーハーな層だと自認して、ショパン推しなのですがそれでいいかなと思っております。好みがあると思うので、好きな芸術でいいと思います。触れると心は治癒に向かいます。
私は完全に歯や会社の事を忘れられます。一人の世界に入れます。
どうしてこんな音楽を生み出せたのか。1台のピアノでこんなにもすごい音楽を構成できて、ピアノ独奏なのに全く飽きない。
その最高の作品群を、超、超一流の若手ピアニストたちが本気も本気で演奏して競います。「若い人」が本気で、というところがこのコンクールがずっと輝いているポイントかもしれません。
今年は日本人コンテスタントのかたも上まで残れそうなくらい、2次予選までは終わりました。
いいかげん聞きあきてお腹いっぱいになって眠くなる頃に、眠れます。

 
悩みもある毎日ですが、幸せな眠りです。芸術はやはり心に良いです。
ハプラス歯科 木村

医院の事 鎮静法鎮静薬はまだ品薄。[2021/09/09]

東京にて4医院のハプラス歯科、
静脈内鎮静法1000症例施術の理事長木村です。
新型コロナの蔓延で、全世界的に鎮静薬の需要が高まり品薄です。
歯科麻酔学会のHPにも供給回復の目処なしとのアナウンスでした。
おそらくコロナで重症化した患者様の病棟管理などに使われていて、そこに莫大な量が必要なのだと思われます。
歯科治療はすごく不安だから鎮静法で、しかもすごく深くかけてください!
という患者様も一定数おるのですが、本当に薬が必要な人に回すべきなので仕方ありません。
最近では外来で基本のライトセデーションを再度徹底し、術野の的確な浸潤麻酔などに努めさせています。患者様にも、鎮静歯科は完全に眠ってしまうわけではないということのご理解を頂きたく存じます。
こんなところにもコロナの余波ですが、ともに協力して乗り切って行きましょう。
 
ハプラス歯科 木村
 

医院の事 新宿ハプラス歯科 鎮静法鎮静法の回復薬。[2021/08/03]

静脈内鎮静法を併用して嘔吐反射や歯科恐怖症の患者さまを1000例ほど治してきましたハプラス歯科の木村です。
鎮静法は点滴から徐々に薬を入れていく性質上、
はじめは効きが弱く、終了にむけてだんだん深くなっていきやすいものです。そうならないように一定にするのが麻酔医の腕なのだと思いますが、それでも深くなってしまいがちです。
患者さんも無意識のうちにやってほしいと望まれる方がほとんどですし。
でもそれは外来でやるには深すぎでやや危ない領域と言えます。
 
さてそんな中私自身としては患者さんに安心してほしいので、つい鎮静度が深くなってしまうことは多々あります。
そんな時どうするかですが、基本は回復薬は入れずに薬が分解されるまで待つ、その後帰宅指示、というのが正解です。
ですがどうしても起こさないといけない時には拮抗薬を入れます。
 

 
拮抗薬よりもミタゾラムの半減期の方が長いので要注意です。醒めたつもりでそうでないことは有り得ます。
 
ちなみにソセゴンでの終了の際にはこちらを入れています。
 

 
 
ソセゴンに限らずですが麻酔の後に気持ち悪くなる人は一定数いますので、こちらは有効と感じています。
 
ハプラス歯科 木村

その他 新宿ハプラス歯科 鎮静法鎮静法、緊急薬剤[2021/07/30]

静脈内鎮静法はじめ様々な鎮静手法を駆使して嘔吐反射や歯科恐怖症の患者さまをかれこれ1000例ほど治してきましたハプラス歯科の木村です。
外来で行う鎮静法は、繰り返しになりますが特別な治療と考えた方がいいです。
急変時に病棟があれば話は違うのだと思いますが、そうではないところでやる場合も多いと思いますので。
何かの際には緊急薬で対処しつつ病院に送る、となってしまいますので、基本的には健康な人しか行わないようにしています。
緊急薬もいろいろ有りますが、できれば使いたくないものです。
こちらのお薬は買ってからまだ一度も使っていませんで、それで使用期限が切れて、もったいないのですが、
有り難かったなと思って捨てることになります。
これからも緊急時のお薬は使いたくないものです。

 
 
 
新宿ハプラス歯科 木村

医院の事 鎮静法強い鎮静薬剤[2021/07/23]

静脈内鎮静法はじめ様々な鎮静手法を駆使して嘔吐反射や歯科恐怖症の患者さまを1000例ほど治してきましたハプラス歯科の木村です。
長い処置、深めの鎮静が必要になってしまう時はどうしてもあります。手に入る薬でやるしかないので現在はこちらを使っています。
ソセゴンです。

 
とても強く効くという実感なのですが大きな副作用で、術後の悪心があります。長くて重い治療の人でのみ使っています。
 
 
ハプラス歯科 木村

医院の事 鎮静法静脈内鎮静法[2021/07/13]

静脈内鎮静法はじめ様々な鎮静手法を駆使して嘔吐反射や歯科恐怖症の患者さまをかれこれ1000例ほど治してきましたハプラス歯科の木村です。
もっとも一般的なケースで使っていたミタゾラムもコロナの影響でしょうか、入手できなくなりました。
今のところ在庫を使用してしのいでいるのですが、それもいつまでもつか分からないので、より少しづつ使おう
ということで、こちらを希釈して使うのですが、2等分して使っています。
本当に入手できなくなったら3等分して使うことになるかもしれないです。

 
 
 
 
新宿ハプラス歯科 木村

  1. 次へ
  1. ホーム>
  2. ハプラスブログ