HAPLUS ハプラス歯科
営業時間
カウンセリングのご予約・お問い合わせ メールで問い合わせ 初診予約はこちら
中文版 英語版

HAPLUS ハプラス歯科

  1. ホーム>
  2. ハプラスブログ

その他

その他アメリカ大統領と歯科補綴。[2020/11/13]

アメリカの大統領選挙と歯科補綴。

私はアメリカ好きです。

米軍基地の近くに住んでいる人や、アメリカに被害を被っていらっしゃる方は国内に多いと思いますが、日本はある一定数のアメリカかぶれがいまして、私もその1人です。なぜアメリカが好きなのかというと

1強い

2面白い

3合理的

4つまり魅力的

今回の大領大統領選はまさにこの2番の面白いというところが存分に出て、見ていて本当に楽しかったです。半分はトランプさんの面白さによるところが大きかったと思いますが。

私も以前はトランプを見たときになんだこいつはと思い、アンチトランプから入ったわけなのですが、彼のカリスマ性は凄く私も見るたびにこいつは何を言っているんだろう、そして何を言い出し始めるんだろうとどんどん興味を惹きつけられました。

モノマネもうまくなりました。

安倍さんとトランプのマネとか一人でしてました。

4年前は、こんなに離婚歴があり女性好きで、借金たっぷりで、何回も嘘をつく人に核ミサイルボタンをアメリカ人は委ねるんだなと理解不能な一面、そんなこと以上にアメリカの白人の生活も国際化でどんどん苦しくなってしまっていてそれどころでは無いのだなと思ったものですが、

人間は弱いもので、自分の命と生活を何より大事にしますのでので、民主政治の行き着くところは衆愚政治で、トランプさんになっちゃったんだな、中国的な日民主政治の方がむしろ優れた統治ができるのだろうと。私も民主的よりは先制的に、そういうふうにしていこう、患者さんの声や社員の声を聞きすぎると組織というものは堕落していってしまうから気をつけよう、とか思ったりしたものです。

今回ちゃんとといいますか、バイデンさんになったと言うことでどうやらアメリカも普通の日常に多分戻るんだと思います。日本にとっては、自民党と共和党が歴史的に仲が良いので、民主党になると牛肉とかオレンジを買えとか為替でいろいろやられたりと、むしろ大変になるのかもしれません。備えて準備しようと思います。

それにしても本当にアメリカは面白いです。

強さの弊害での分断と言うのはあるのだと思います、でもそこはあまり心配していなくてそもそもこの国は生まれた時から1つの国の中に2つの国があるようなそんな国家で、南北戦争したり、禁酒法を制定させたりと、そんな変わったことがあるので、また戦争などが起こり、国がまとまって仲良くなるんだと思います。

最後に歌手のマドンナの名言を紹介したいと思います。

「民主主義ってポップスね。つまりは人気者が勝つってこと。」

バイデンもトランプも、すごい人気者です。そしてその人気を支えているのは彼らの平均よりはるか上のルックスであることは間違いありません。70代なのに、めっちゃキュートです。そして50歳の頃よりどんどん若返っています。

2人とも歯科補綴をしているようですが、成功するためにはやはり歯はちゃんとしないといけないのだと思います。魅力アップのために歯科補綴は有効です。歯のことはちゃんとやりましょうと学んだ大統領選でした。それでもトランプもバイデンも加齢によって咬合は歪んでいますので、治療の限界はあるとは思いますが。

新宿ハプラス歯科 木村

 

 

その他 新宿ハプラス歯科アメリカ好きの歯科医の今週。[2020/11/06]

豊島区、渋谷区、足立区、新宿区

で歯医者をしています歯プラスの木村です。

 

今週は気が気でなく、楽しめています。

トランプも

バイデンも

どっちも頑張って欲しい!!

どっちもかっこいい!

私は無理やけどこんな70歳っていいなあ。

 

アメリカは、日本の歯科を間違いなく元気付けています。いままでもこれからも。

いつまでもアメリカらしさを失わないでほしい。

ありがとうございます。

ハプラス歯科 木村

 

 

その他終戦記念日の歯医者[2020/09/19]

敗戦を活かす歯科医師にならねば。

この文章は、815日近辺に書いたものです。私は思想としては左右の真ん中くらいなので、誤解を生まぬよう1ヶ月後の今日投稿しています。

この夏の間、ずっと寝ています。

日本は敗戦国。

夏の時期は終戦の時期で、この時期は戦争ものの放映されますし、お休みも相まってごろごろしながら、動画なんかを見たりしてます。

失敗や敗北からこそ学ばないといけないと思っています。身に染みて血肉になるからです。

実際に日本やドイツの人びとは敗北から学んで、復興と今日の発展を手にしたのだと思います。

勝は負けの始まり。

負けは勝ちのはじまりです。

私は歴史が好きで、芸術や科学の歴史もありますが、悲しいかな、人類の歴史はやはり戦争の歴史となっています。人ごとですので勉強としてみておられますが、なるべく自分ごとに捉えて考える。するとやっぱり勉強になります。

10年くらい前のドラマでビートたけしが東條英機をやっていたのがあります。この頃のたけしはすっごくいい。

東条首相といえば小学校の教育では悪人の戦争犯罪者、A級戦犯、くらいにしか教えてもらえません。この人の誤った判断のせいで、日本は敗れたとなっています。周辺国に大きな迷惑もかけた。

でも、ずっと疑問でもあったのですが

なんでそんな悪人が、軍のトップになれたのかなあと。軍隊の人たちも、自分の命をそんな悪人とか無能人に預けるのだろうか。

なんでそんな悪人が、国会で支持されたのかなあ。貴族の皆さまの抑えも効いたろうに・・・。

ほんとに悪い人なら、なんで天皇陛下の信を得たのかなあ・・・。陛下も、悪人は嫌だろうし、無能な人を国の長にしないはずだけど。

と、見始めると疑問が湧いてきて、学び始めて理解が深まりました。

戦犯は許されるものではないのかもしれませんが、この東条英機元首相、悪人でも無能な人でもないのだと思われます。

努力家でした。努力で功績をあげて、陸軍の中で信頼されて、出世して行ったようです。

家族想いだったそうです。

倹約家で私腹を肥やさず、模範となる生活をしてたようです。

なのになんで日本の戦時下の状況を次々悪くしてしまったのか。

東条を信頼していた昭和天皇の一言に集約されているように感じます。

****

元来東条と云ふ人物は、話せばよく判る、それが圧制家のように評判が立つたのは、本人が余りに多くの職をかけ持ち、忙しすぎる為に、本人の気持が下に伝わらなかつたことゝ又憲兵を余りに使ひ過ぎた。

昭和天皇。『昭和天皇独白録』より、

****

人を使う妙というか難しさが本当にわかります。

忙しすぎてはいけない。仕事は任せた方がいい。

気持ちを下に伝える。

権力で意見を弾圧してはいけない。

となるのでしょうか。

とりあえず、忙しすぎる毎日の見直しから、自分も直していこうと思います。

私ももし同じ立場だったら、同じような判断を下していたかもしれない。そう捉えて、東条元首相の人生を、判断を、自分ごとにしてたまに思い出そうと思います。

新宿ハプラス歯科 木村

 

 

 

  1. 次へ
  1. ホーム>
  2. ハプラスブログ