HAPLUS ハプラス歯科
営業時間
カウンセリングのご予約・お問い合わせ メールで問い合わせ 初診予約はこちら
中文版 英語版

HAPLUS ハプラス歯科

  1. ホーム>
  2. ハプラスブログ

池袋ハプラス歯科

歯科経営 池袋ハプラス歯科東日本大震災10年を迎えて[2021/03/11]

  1. 東京で4円の歯科医院を運営しているハプラス歯科の木村です。

 

本日は池袋で、全顎的な大きい手術をさせてもらっていました。

早いもので東日本大震災から今日で丸10年が過ぎました。スタッフの何人かと震災の時にどこで何をしていたのかと話しましたが、ある先生はまだ研修医をしていたり、またあるスタッフは中学生、まだ小学生だったと言うスタッフもいました。当時私はと言うと、前職場であるアイデンタルクリニック新宿院の雇われ院長として、新宿におりました。

 

地震の時にスタッフルームにいた私は、強い揺れを感じ本当に長いことものすごく揺れて、棚の上からパソコンが落ちてきたりそれが同僚に当たったりするのを、目撃しました。同僚の先生2名がインプラントの手術を2件行っていて、うち一見は静脈内鎮静法家で処置をしていました。幸い電源はすぐ落ちなかったので、手早く手術を終わらせて、麻酔を覚まし、外に出られるものは、外に出て余震などに備えました。電車が止まって帰れない患者様にはクリニックで止まっていただいて、私たちスタッフの何人かもクリニックで止まりました。

私たちスタッフの何人かもクリニックで止まりました。

それから計画停電であったり、原発事故であったり、

様々なことがあり、

私もいちどきりの人生であるから失敗するかもしれないが挑戦してみようと思い、独立するにいたりました。

池袋ハプラス歯科を立ち上げてからは自分が思った以上に患者様にご来院いただき、スタッフも増えたので、たまに震災のことを思い出すにつけ、大きな災害があったとしてもどこかのクリニックは生き残るようにというのもあり、拠点を4つにして分散させたこの10年でした。やはり3月11日は自分が体験した恐怖の中でも結構上位に上がる体験だったので、折に触れどう災害から皆の身を守るかを考えます。

地震や災害に強い会社を作りたいと思っています。災害があった後も、スタッフや患者様が、戻ってこられるように、少しですが体制を整えては来られました。幸いにして命が残った私たちは、命の尊さをこの日ぐらいは感じて、1日1日、一人一人一生懸命診察してゆくことが、犠牲になられた方々への供養かと思います。

福島から避難してこられた患者様達をけっこう診察させていただきました。新聞を読むといまだに避難生活で故郷に戻れない方々が何千名といらっしゃるそうです。全紙に目を通し、やはり被災した方一人一人に大きな悲しいドラマがあったことが読んでいてつらいです。皆様に平穏な日々が戻られることを願いますとともに、たまに診察させていただく際には丁寧に処置していこうと思います。

 

池袋ハプラス歯科 木村

 

歯科経営 池袋ハプラス歯科勉強会、続き。[2021/03/04]

池袋院にて、続き、

 

心がけのことでお二人に話したのは、

二人とも開業してね、という事(うちの先生たちは全員独立して下さいと思っています)、

歯医者である前に人間として、どうあればうまくいくのかな?、という観点で

お二人は今のところ合格ですねと、

どこが合格かというと、可愛らしいですね、教えたくなります、という事です。でもそれって当たり前にできることではなくて、例えば今日なんかも忙しいとかいえばわざわざ北千住から池袋、来なくてもいいと思いますし、zoomでいいと言ってますし、事前に何時に行けばいいですか?とか、持ち物、なんですか?とか

聞いてくれたりして、中にはそうでない人もいると思うので、

そういうこと一つとっても、人に可愛がられる、贔屓にされるというのは、重要なことだなと思います。

やる側にとっては、最近の若い人って難しい、言う事聞かないってのが一般的な認識だと思いますし、上からの権利を振りかざしたとて、むしろ最近は従業員の皆さまの方が権利意識は向上していると思いますので、

言った事ちゃんとやるかなとか、呼んだら来るのかな、とかレベルで気を遣うので、問題起こさず言われた事ちゃんとやるだけでも実は真ん中より上レベルの人財なので、いい感じですとお話ました。

そして、取りいったり仕事もらって出世したりという、そのための気遣いとか努力とかは、し続けないといけない、

きちんと患者さんや人の顔色を見て、

ボケッとしてたら出世なんてできる訳ないですし、実は私も40過ぎても、

50,60くらいの年上の患者さまがたに、いかに可愛がってもらえるか、また来てもらえるか、ずっとその連続です。

例えばその患者さまの中に、地元のすごい力のある方がたまたま混ざっていたりして、お祭りの時とかに偶然それを知ってお会いしてご挨拶したりできて、

その方に地域の情報を教えてもらえたのが経営に役立ったりとか、そんな感じです。

 

患者さまにはもちろん、

自転車置き場のおじさん、

コンビニの外人さん、

デパートのおばさん、

皆んなに可愛がられないとね、というような事をお話しました。

 

新宿ハプラス歯科 木村

 

ハプラス歯科北千住 医院の事 新宿ハプラス歯科 池袋ハプラス歯科 渋谷ハプラス歯科謹賀新年[2021/01/01]

謹んで、新年の御挨拶を申し上げます。

おかげさまで、ハプラス歯科一同は、今年も明るい新年を迎えることができました。

新型コロナウイルスの感染拡大が続き、経済状況も依然厳しい中ではございますが、こうして新たな年を迎えられますのはお世話になっているみなさまのおかげです。

そしてこの年末年始にかけても、医療、保健所、介護の現場で昼夜を問わず、ウイルスとの闘いに御尽力いただいている全ての皆様に、改めて心より感謝を申し上げます。

私共も医療従事者ですが、本当の最前線で治療にあたられている皆様には、改めて頭が下がる思いです。

ハプラス歯科は、患者さまの皆様の健康と暮らしをより良くしていく事を固くお誓いし、今年も引き続き総力を挙げて改善に取り組んでまいります。皆様と共に、この未曾有の困難を乗り越え、ポストコロナの新しい歯科医院をつくり上げてまいります。

ハプラス歯科の新たな成長の源泉となるのは、「新身な心」と「デジタル」です。イノベーションを目指す大胆な投資を選択と集中して行い、あらゆる改革を断行することで、現状の処置や無駄を大きく変革し、次の時代の歯科医療をリードしていきます。

コロナを機にデジタル化を進めつつ、患者さま一人一人に寄り添う時間を生み出します。治療のみに留まらない、日常のケアでの雑談、コミュニケーションを通じて、患者さまに気持ちから活力を出していただき、医院と地域全体を元気にしてゆきたい所存です。

 国際的には人の往来が途絶えていますが、ハプラス歯科の外国人のみなさまを大切にする気持ちは揺らぎません。英語のコミュニケーションを基軸に、今年は英語可能スタッフを3倍に増やしてゆく予定です。さらに、以前よりニーズの高かった中国語での治療を可能にしてゆくよう医院を強化してまいります。

 コロナ危機は、歯科医院のスタッフたち、患者さまたちとの連帯の必要性を想起させました。当院は、こうした厳しい環境にあるからこそ、今まで患者さまから頂いた利益をあらゆる形で有効利用し、医院を強化し、患者さま、取引先みなさまと共に乗り越えて行きたい所存です。

 本年も、患者さま皆様にとって「当たり前のこと」をしっかりと行い、患者さまのためにリスクをとり、「患者さまのためのクリニック」をより高いレベルで実現するべく、全力を尽くしてまいります。皆様の御理解と御協力を賜りますよう、本年もどうぞお願い申し上げます。

令和3年 元旦

ハプラス歯科 代表歯科医 木村隆寛

  1. 次へ
  1. ホーム>
  2. ハプラスブログ