HAPLUS ハプラス歯科
営業時間
無料カウンセリングのご予約・お問い合わせよくある質問
ハプラスブログ
ハプラスブログ
Implant
治療に関する疑問・質問に 院長の木村がお答えします

前歯の治療を検討中見た目は自然ですか?

前歯に限らず、どの歯がインプラントなのか見た目にはわからないほど
自然に仕上げることができます。
特に前歯の場合は、変色せず透明度も自然の歯に近い
セラミック100%の歯冠(クラウン:歯の歯肉より露出している部分)を用いることで
周囲の天然歯と色を揃えることができます。

ただし、歯を失ってから時間が経っている場合
あごの骨とともに歯茎が痩せてしまっています。
ここにインプラントを装着すると、周囲の天然歯よりも長く歯が露出することになり
見た目にも違和感が出てきます。
この場合は、ピンクポーセレンと呼ばれる素材を使い
擬似歯肉をつくることである程度自然な見た目に近づけることが可能です。
それでも違和感が残る場合がありますので
事前に医師とよく相談されるのが良いでしょう。

当院でも、治療後の審美性をとても気になさる患者様が多くいらっしゃいます。
仕上がりが美しくなるツーピースタイプ(上部構造+アバットメント+インプラント)に加え
クラウンは様々なタイプをご用意しております。
被せ物には、セラミック素材のなかでも見た目の仕上がりが良い
フルジルコニアクラウンを基本にしています。