HAPLUS ハプラス歯科
営業時間
無料カウンセリングのご予約・お問い合わせよくある質問
ハプラスブログ
ハプラスブログ
Care
治療後も治療前も知っておきたい歯のケア

歯科医から歯科衛生士までハプラススタッフお気に入りのケア用品

現在、数多くのデンタルケア用品が販売されています。
手で磨く一般的な歯ブラシをはじめ、電動歯ブラシ、タフトブラシ、フロス、歯間ブラシ
ウォーターピック、歯磨き粉、洗口液など様々です。
歯ブラシひとつとっても何百種類とあり、自分で適切なものを選ぶのは難しいかもしれません。

ここでは、当院で働く歯科医と歯科衛生士が、自分でも使っているケア用品をご紹介します。
ケア用品選びの参考にしてみてください。

フィリップス 音波式電動歯ブラシソニッケアー

①電動歯ブラシ「フィリップス 音波式電動歯ブラシソニッケアー」

歯科業界シェアNo.1の電動歯ブラシです。
毎分約31,000回の高速振動により、フィリップス独自の“音波水流”を
発生させ、歯間や奥歯の歯垢も落とします。
手磨きに比べ7倍の歯垢除去力を持ち、海外・国内も含め数多くの
論文でもその効果が実証されているそうです。ブラシが与える圧力も手磨き
の約1/3と弱いため、歯や歯茎に負荷がかからないのも嬉しいところです。

フロアフロス

②フロス「フロアフロス」

フロスには、歯の間に入れてから糸が広がるタイプと、広がらないタイプが
あります。フロス初心者や歯間が狭い人には広がらないタイプもオススメ
ですが、歯垢除去力は広がるタイプの方が高いと言われています。
ただ、慣れないうちは歯茎を痛めてしまうことも。この商品は384本の
細かな繊維がフワッと広がるため、歯茎も痛くなりません。

ルシェロ 歯間ブラシ

③歯間ブラシ「ルシェロ 歯間ブラシ」

歯間の歯垢除去にはフロスが優れていますが、歯のすき間が大きい部分には
歯間ブラシの方が効果なことも。ルシェロの歯間ブラシは先端の向きが
変えられ、自分に使いやすいアングルを選べるのが特徴。
握る部分が長めにできているため、奥歯にも届きやすいです。

チェックアップ

④歯磨き粉「チェックアップ」

現在、多くの歯磨き粉にはフッ素が含まれています。歯の表面を強化したり
虫歯菌の働きを弱めるなど、高い虫歯予防効果を持つフッ素。その効果を
十分に発揮するためには、歯磨き後の口すすぎを軽めにし口の中にフッ素を
残しておくことが重要です。この歯磨き粉は、泡立ちが少なく優しい香味
なので、すすぎの回数が少なくすみます。

スーパースマイル

⑤ホワイトニング用歯磨き粉「スーパースマイル」

ホワイトニング効果を謳う歯磨き粉の中には、研磨剤を多く含み歯を削る
ことで白くするものがあります。使用しすぎると歯に細かな傷がつき、むしろ
汚れやすくなるため注意が必要です。この歯磨き粉は、粗い研磨剤は含ん
でいません。汚れの元となる歯の表面のタンパク質が独自成分により分解
され、歯が白くなります。

SP-Tメディカルガーグル

⑥洗口液「SP-Tメディカルガーグル」

洗口液は、口の中の殺菌や口臭の抑制に効果があります。歯を磨いたあとの
仕上げや、歯を磨く時間がない時などに使われることが多いようです。
この洗口液は口腔内及びのどの殺菌・消毒・洗浄ができ、歯周病予防は
もちろん風邪などウイルス対策にもなります。透明なので洗面台も汚れません。

パタカラ

⑦その他「パタカラ」

パタカラは、口の周りの筋肉を鍛えるためのゴム製の器具です。
口がしっかり閉まることで口臭予防になるほか、睡眠時無呼吸症候群の
改善や、表情筋のエクササイズによる美容効果もあると言われています。
最近ハプラス歯科の衛生士の間で流行っており、各自筋トレに励んでいます。