HAPLUS ハプラス歯科
営業時間
無料カウンセリングのご予約・お問い合わせ よくある質問
中文版
  1. ホーム>
  2. ハプラス医院長ブログ

All on 4角度による皮質骨接触率

| All on 4 について | 2012,11,30, Friday 11:32 PM |
先日に引き続いてAllon4。 角度について。
傾斜埋入はすばらしい発想だけど完璧な設計思想ではないと思う。
一番大切なインプラントのネックの皮質骨を損うわけですから。

いったい通常埋入と比べてどれくらいの皮質骨接触割合なのか。どのくらいもったいないのか。
誰も計算してないので
自分で計算してみます。

久々の受験数学。解けるでしょうか。
わくわく(笑)

骨面をx
骨面に垂直な通常のインプラント方向をy
傾斜埋入角度をθとしてそちら向きをz座標にして

こういう図になります。



積分が必要な事に途中で気付き、解いたものの自信がないので三角関数でも大雑把に計算




↑(注)これ途中から計算間違ってます。

インプラントのらせん形状などややこしい事は抜きにして
microgapの最深位置をd、インプラント半径をr,角度θとすると
d=2rsinθ
Nobelspeedyの直径4ミリで角度45度にするとdは2.83mm(深いな!!)

これまた大雑把ですがdと皮質骨厚を同じにして
接触面積は角度つきのほうをD3
まっすぐ埋入をD2として比率を求めます。すると


むむ。分厚い骨なら思ったより無駄にしてませんね。

マロ先生は昔は30度傾斜だと言ってたようですが今45度って言っているようです。
確かに一理ある結果となりました。


ああ難しかった。

つづく

  1. <<次の記事
  2. 前の記事>>

CALENDAR

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

<<前月2021年12月次月>>