HAPLUS ハプラス歯科
営業時間
無料カウンセリングのご予約・お問い合わせ よくある質問
中文版
  1. ホーム>
  2. ハプラス医院長ブログ

all on 4 について

| All on 4 について | 2012,11,09, Friday 10:02 PM |
ここのところ多忙でブログ更新不定期になっております。
申し訳ありません。
週に2回は!! がんばって更新します。

先日に引き続いてallon4
資料整理していたら懐かしい写真が出てきましたので掲載します。

6年前のノーベルバイオケア、ワールドツアーのライブオペ画像。
このときから日本に爆発的にallon4が普及していきました。





ノーベルバイオは世界最大のインプラントメーカーなのですが、製品開発、コンセプト開発、マーケティングに長けています。
ポルトガルという辺境の地で生まれたallon4を、今や世界レベルにまで展開してしまいました。

当時の私は卒後の駆け出しでインプラント経験はまだ少なく100本以下で、
給料は少なく、しかし勉強せねば!という強い危機感のもと
「まだ大学とつながりがあるので身分は学生みたいなものです。」などとギリギリの誤魔化しをして(このカンファレンス、歯科医は確か4万、学生は3千円くらいだったかな?)聞きに行きました。いい思い出です。ノーベル様には感謝。

当時はインプラント4本で全部支えるなんてありえないだろ、
という考えが日本の歯医者のまだ大勢を占めていました。
私もそう考えていましたが、このライブオペを見て考えが変わりました。
サージカルガイドを使い、ものすごい勢いでDrマロー(開発者)がインプラントを埋めていきます。


   


1本入れるのに約3分。
歯が入るまで15分でした。この速さには本当に驚いた。当時の私はインプラント1本埋めるのに1時間かかってましたから。


 


極め付けは彼らの演出。術後でふらふらの患者さんを無理やり起こして、
リンゴをその場で噛ませ、「ほらしっかり噛めるよね?」と
さらに花束を渡して
「新しい人生に乾杯だね!」とシャンパン。彼らはこういうわざとらしいのが大好き。さすが外人。


 


この日以来私の中でのインプラントに対する何かが変わりました。慎重で懐疑的、不安要素の多いインプラント治療が、もはや世界では普通のものであり
これから間違いなく患者さんに必要とされる。もっと自分も勉強しなければと、学習時間に占めるインプラントの割合は大きくなりました。


そして今や私もallon4を日常的に行い、Drマローほどではないですが問題なく治療が成立します。100例くらいは入れたでしょうか。



全体的に歯が悪くて、骨も少ない患者さんには間違いなく有益な治療法なので、これからも丁寧に取り組んでいきたいと思います。


  1. <<次の記事
  2. 前の記事>>

CALENDAR

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

<<前月2021年12月次月>>