ハプラス歯科
メニュー
営業時間[日曜・祝日定休]
【月〜土】10:00-14:00/15:30-21:00
ご予約・お問い合わせ(CT・初診料無料)
☎ 0120-695-570[24時間365日受付・急患9:00-22:00]
HAPLUS ハプラス歯科
営業時間
無料カウンセリングのご予約・お問い合わせ メールで問い合わせ
中文版
  1. ホーム>
  2. ハプラスブログ

渋谷ハプラス歯科インプラントセミナー 2[2019/01/28]

休日はインプラントセミナーに参加してきました。

講師は世界的に著名な先生。

テーマは上顎洞粘膜挙上術(サイナスリフト)

上顎臼歯部のインプラントを埋入する際に、骨の厚みが足りないことが多く、

増骨を要することが多々あります。

増骨する際は、通常のインプラント埋入に加え、追加の外科処置が必要になります。

上顎洞という頭蓋骨にある骨空洞の領域に手を加えることになりますので、

外科術式や解剖学的形態の把握、骨補填材に関する理解は必須になります。

また、数%の割合で合併症を引き起こすので、その場合は適切なマネジメントが必要になります。

この日は、

リスクをいかに回避するか

についていろいろと学ばされました。

医療行為に「絶対」はありませんから。

心に残ったことが、2点ほどあります。

1つ目は

・トラブルを起こすときは、難しい症例なのに簡単だと錯覚してしまうとき

これは心に響きました。

普段何気なく行っているインプラント外科処置でも、様々な要素を複合的に考えながら行っています。それに慣れてしまい、ついつい大事な診査診断項目を見落としまうようなことがあってはいけないよ。

ということです。

2つ目は

アシスタントスタッフも同様に外科処置に対する深い理解を持たなければいけない

ということです。

手術は一人ではできません。

主治医の左右の手、アシスタントの左右の手、場合によっては器具出しの左右の手の

4−6本の手を使って治療をします。

意思疎通と連携、イメージと情報の共有が必須になります。

 

スタッフ一同、気を引き締めて参ります。

 

矢野