ハプラス歯科
メニュー
営業時間[日曜・祝日定休]
【月〜土】10:00-14:00/15:30-21:00
ご予約・お問い合わせ(CT・初診料無料)
☎ 0120-695-570[24時間365日受付・急患9:00-22:00]
HAPLUS ハプラス歯科
営業時間
無料カウンセリングのご予約・お問い合わせ メールで問い合わせ
中文版
  1. ホーム>
  2. ハプラスブログ

2018年7月

インプラント 渋谷ハプラス歯科心拍数と集中力の関係[2018/07/30]

こんにちは。
矢野です。
台風がきて涼しくなり、
去ってまた暑くなりました。

当院では外科手術をする際に、必ず生体情報モニタを使用します。

これで何を計測するのか?
バイタルサイン(生命兆候)です。

この機械では、血圧・脈拍数・呼吸(末梢血酸素飽和度)を計測します。
外科処置ですから、生体反応をきっちりモニターすることで、安心安全な状態を維持できるように心がけます。
全身の疾患を抱えていらっしゃる患者様には一層の注意が必要となります。

緊張すると、自律神経の影響で、心拍数が上昇したり、血圧が上がったりします。

先日の外科手術の際には、
患者様は、はじめてのインプラント埋入手術ということもあってか、
心拍数も上昇し、血圧も若干高めでした。
浸潤麻酔薬の中にはアドレナリンが含有されているので、
麻酔後は一定時間血圧と心拍数がさらに上昇します。

モニターの心拍の電子音を聞きながら、
拍動が早いなとか
少し落ち着いたなとか
いろいろ考えながら治療をしました。

そして治療の際にふと思ったことがあります。

「手術をしている自分の心拍数はどうなっているんだろうか。」

すごく気になりましたが、生体モニターを装着しながら手術をするわけにはいかないですし、
手軽に計測できるように、
今流行りのウェアラブルデバイスを購入してみました。

このような感じで
軽くてなかなかスタイリッシュに計測してくれます。

気になる結果ですが、、、

こんな感じでした。

手術時間は
11:30-12:30
までの1時間でしたが、
平均心拍数は

超「正常」。。

術野での出血もありますし、脳内アドレナリンも出てるので
心拍数はそれなりに上昇しているかと想像していましたが、
予想外に穏やかな心拍数でした。

面白かったのは、
通勤時間に90/分近くまで上昇していたことです。
おそらく満員電車のストレスの影響です。

心理学の研究によると、
ストレス環境下におかれると、
不安や緊張を感じて、交感神経が優位になり、
心拍数が上昇したり、リズムが乱れたりするそうです。

逆に
ストレス感情がら解放されて、
集中できているときは、
リラックスした状態で、副交感神経が優位になり、
心拍リズムは安定するそうです。

今回判明したのは、
少なくとも私は、
大きなストレスを感じることなく
集中した状態で治療できているということです。

外科手術自体は決してストレスフリーな行為ではありませんが、
それでもスタッフも、私も、患者様も
ストレスを極力感じないようにいろいろ工夫できるものだと実感しました。
今思えば、
音楽や、歯科ユニットの選定、内装、理事長と業者さんといろいろ工夫したのを思い出しました。
アシストもストレスフリーで治療できるような環境をつくってくれています。

あとは患者様が治療中のストレスを極力感じないように、
日々、研鑽を積んでいきたいと思います。

矢野

渋谷ハプラス歯科日本の教育 西洋の教育[2018/07/27]

患者様で
教育に非常に熱心な方に出会いました。

教育に熱心と聞くと、
子供を小さい頃から塾に行かせて、
受験勉強、受験戦争に参加させる。
そして、習い事を2−3つ(だいたい英語教室とか、公文とか、ピアノとか)を掛け持つ。
そのようなイメージが思い浮かぶのではないでしょうか。

かく言う私も
子供の頃は、
小学校一年生の時に公文を始め、
小学校四年生から学習塾に通い、
中学校受験を体験して、
あとはそのまま受験勉強の流れにのっていました。

なので、教育と聞くと
真っ先にそのようなイメージが浮かびます。
自分の子供に対しても
程度の差こそあれ
そのような教育をしていくのかなぁと
父親として漠然と考えていました。

日本を始め、極東アジア諸国は
少なからずそのような詰め込み式の教育方針がスタンダードになっている気がします。

しかしこの患者様は違いました。
国際的背景もあってか、
お子様は3人全員インターナショナルスクールに。
インターナショナルスクールといってもいろいろありまして、
日本語をしっかり教育するインターナショナルスクールを選ばれたそうです。
そして子供は塾には行かない。
いわゆる受験勉強も詰め込み式ではしない。
興味を持ったものは自由にさせて、興味をもった分野の勉強を促す。
行きたい高校や大学があれば、自分で調べて勉強することを促す。
趣味や部活動に関しては、
子供がしたいことがあると、一度させてみて、もし合わなかったらやめる。

教育方針の根管に、
「人はひとりで生きていくもの。自分で学んで、自分で考え、自分で育つように」
「その子の可能性を最大限発揮できるような環境を親は一緒に作ってあげるべきだ」
があったそうです。

いまでは
お子様は名門の大学を卒業されて、アメリカで活躍されているそうです。
在学時にはスポーツの分野で輝かしい功績を残されたみたいです。

現在、子供を日本の幼稚園、小学校に通わせていますので、
日本の教育も良いところはとても良いと言うことはわかります。
和を以って貴しとなす文化が日本の教育の根管に深く根付いているのがわかります。

日本の教育、海外の教育、
違いがあって、どちらがよりよいかというものではないのですが、

「人はひとりで生きていくもの。自分で学んで、自分で考え、自分で育つように」
「その子の可能性を最大限発揮できるような環境を親は一緒に作ってあげるべきだ」

この言葉には真実味があり、感銘を受けました。

歯科の治療でいらしたのに、
私が多くの質問をしたので、ずいぶん長い時間いただいてしまいました。

矢野

渋谷ハプラス歯科渋谷無料セミナーを行いました![2018/07/25]

池袋院に続き、渋谷でも患者さん向けの無料セミナーを行いました。

テーマは「生涯自分の歯で健康に咬むために」

歯を失う原因は大きく分けて3つあります。

・う蝕(むし歯)
・歯周病
・歯根破折(歯が折れること)

これらが歯を失う3大原因です。
そしてこれらの原因をなくすことができれば、歯の喪失を予防することができます。

う蝕と歯周病の原因は細菌感染です。
細菌(プラーク)のコントロールができれば、この二つの疾患にかかるリスクを減らすことができます。

ではこのプラークコントールは主に誰がするのか。
それは、患者さん自身です。

徹底してセルフクリーニングができるようになっていただきたい。
そのような思いでセミナーを始めることとなりました。
磨き方や、磨く道具、病気のメカニズムについての内容が詰まっています。

患者さん自身がプラークコントロールをしっかりできるようになっていただければ、
病気になる確率はぐんと下がります。

問題がないかを定期的にチェックするだけで、健康な状態を維持することができます。
定期的にメンテナンスに通っていただいて、
たまにレントゲンでチェックして、
歯を強くする処置などをして、
クリーニングで歯石を除去して、
咬合力の調整などをしていただければ
歯の喪失を予防しやすくなります。

「生涯自分の歯で健康に咬む」というのは
壮大なテーマかもしれませんが、ここを目指したいと思っています。

矢野

  1. 次へ