HAPLUS ハプラス歯科
営業時間
カウンセリングのご予約・お問い合わせ メールで問い合わせ 初診予約はこちら
中文版 英語版

HAPLUS ハプラス歯科

  1. ホーム>
  2. ハプラスブログ

心と身体の健康

心と身体の健康うつ病対策。[2021/10/28]

東京で4つの歯科医院を運営しています歯科医師の木村です。今日も心身の健康に役立つ内容をお伝えいたします。4つも経営していると苦労もまあありますので、参考になる事もお話できると思います。

なぜ急に心の健康とか書き始めたのか、うつ病とか、こいつ大丈夫か?、この医院やっぱりうまくいって無いんじゃないか?とご心配なさる患者さまもいると思うので初めにお断りいたしますが、現在2021年10月はハプラス歯科はいたって堅調でうまくいっています。ちょっとヤバイかな?という時期は1年ほど前に終わりました。

 

自分は何になれるのか、なんのお役に立てるのかという事を突き詰めますと、やはり私は歯の治療が一番むいていますし、それが1番の特技です。患者さまのお身体を健康にして、さらに心も健やかになっていただく。その状態を維持していただく。それが私のいちばんの仕事と社会貢献です。

 

ですので、これらコラムも、昔は患者さんに一人でも多く来てほしいという意図で書いておりましたが、現在は

患者さまの健康のお役にたつ。

同業の歯科、医療関係の方のお役にたつ。

その内容をお書きして、ひいては社会のお役にたてばいいな。

と思って書いています。ですので私の専門の歯科から少し広げて健康のこと、それも心と身体。両方からちょっとづつ勉強した事を先日から書いております。

 

さて、ピアノの話題に触れていい音楽を聴くと心にいいですよね、という事を書きましたが、これは本当で、意識してクラシックは聴くといいそうです。昔から聞かれてきたということはそれだけ質が高いということでもありますから。うつの人でなくても、疲れた時とか、特におすすめですよね。

 

表題のうつ病対策ですが、私自身はたぶんうつ病ではないのですが、気をつけないといけないなと思います。

感覚知ですが、この仕事をしていると、心が病みやすいのはあります。車の運転と同じで、私は事故を起こさない、と思っている人の運転と、私は事故を起こすかもしれないと思って運転している人。

事故を起こさないのは後者だということがわかっています。

ですので、もしこれを読んでいる同業の方や、そうでなくても根が真面目か、きちんとした定職についている人がいらしたら、自分も心を病むかもしれないな、考え方に気をつけよう、という風に気をつける事をおすすめいたします。私も10年前は何でうつ病の人って心病むんだろう?ぐらいに他人事でしたから。誰でもなりえる事です。

まずはその心がけと注意だけで、ずいぶん違います。

 

ハプラス歯科 木村

 

その他 心と身体の健康プロの芸術家と医者/歯医者の似ているところ。[2021/10/26]

東京で16年歯科医をしておりまして、8000箇所ほど顎骨を削る手術をしてきました歯科医の木村です。

今回も心の健康に少しは効く内容と、歯科の仕事についての事を。

今年のショパンコンクールは日本のかたが2名入賞して下さり、見ていてとても満たされるものでした。2位に入られた反田さんにあやかって、当院も輸液の標準をソリタにしようと思います。

 

ショパンコンクール といえばこれですよね。「ピアノの森。」

 

また読み返したくなり期間中に一気読みしました。コンクールなどを見ていて癒されたり学びになるのは、ピアノなど音楽や絵画つまり芸術の世界と医療には相似点が多々あるなと感じます。

以下はネタバレしない程度にピアノの森の台詞を拝借をしていますが、

 

「君はもう少し、自分のピアノを好きになった方がいい。」

「奴が本物ならどんなに潰されようと必ず這い上がってくる。」

「世にピアニストは履いて捨てるほどいるが、一線を超えるのはひと握り。」

「こればっかりは教えてできるもんじゃない。」

「このレベルまでくると、ほんとに順位なんてないんだよな。」

 

例えばピアニスト、を「歯医者」に言い換えると全く同じ性質を持った職業と言えます。

いやプロのピアノの仕事はおそらくは、99%は地味な練習、一人での練習や追い込み、そして1%の一瞬だけ晴れの舞台で聴衆に聴いてもらって本人は誇らしい、というもののはずです。この舞台に立つために、いい日も悪い日もずっと練習をしてこられたコンテスタントの皆さま、あらためて尊敬いたします。

感動したり癒されたり、人の心を治癒させるので芸術はやはり偉大で素晴らしいものです。私たちも歯を治して身体が良くなるのはもちろん、患者さんの心も安心して満たしてあげられる存在になりたいものです。

 

この物語、中くらいの感動が複数回あり、

終わりにかけて大きな見せ場があって、最後の最後そういう感動来るか!という筋で、私はこういうお話好きです。

ちなみに私はメガネでかつ特別な才能無く、いつも脇役に感情移入してしまうので、雨宮くん推しです。

ハプラス歯科 木村

その他 心と身体の健康 鎮静法ショパンコンクール2021[2021/10/19]

私は東京でいちファンとして音楽を愛している歯科医の木村といいます。音楽家の皆様を尊敬しています。

さてもうじきchopin competition 2021はファイナルがはじまりますね!そして喜ばしいことに今回は我が祖国日本から2人もファイナリストに残られたよう。

こんなにレベルの高いピアノの中で。

本当にすごい。しかも二人とも、個性ありますよね。素人の私でも少し感じます。

いつかお食事させてもらったピアニストの方がおっしゃっておられました。音楽家は自分の音楽がないと、と。上手なのは当たり前で、その先って事なんですよね。

3次予選は私は感動したかと思えば眠くなり、そして寝てしまった人がファイナル残ったり、もう勘弁して!!ってくらい聴かされた人が落選と、当たり前ですが、誰が最高なのか、わかりません。楽譜も無ければショパンとは、ポーランドとは、もわからないし、純粋に楽しめる今が幸せだなあ。

これはピアノコンペは今後20年は楽しみにできそうです!

さてファイナルは以下の方々。

 

3次予選、みなさん凄かったんですがわたしめちゃ推しこの人。何とも言えず、私ごときには表現できません。

 

 

 

 

 

 

 

 

ひょっとしたら調布市仙川ですれ違っていたかもしれない北海道の天才児がこんなに立派に。すごいですね。

 

ピアノの森に数コマあるんですが、このレベルまで達すると順位どうでもいいです。

すごい。

 

 

個人的には奏者もそうなのですが、楽器のほう。シゲルカワイに勝ってほしい。スタンウェイに勝ってくれないかなあ。

決勝で誰か一人でも使ってほしい。

BuiさんもLeeさんもカワイ使ってくれていた。

そしてこのへんで寝ます。理由は決勝は聞いても、もうわからないからです。協奏曲になると、一気に聴く要素が変わって、ああ良かったなで全部終わるから、寝て。また明日聴くことに。

おやすみなさい。

 

でももし日本人が勝ってしまったら、すごい。そしてあり得る、とも思う。舞台は生きているし、何があっても不思議はない。

今日は全く歯にも健康にも関係ない事書きました。すみません。

おやすみなさい。

 

 

ハプラス歯科 木村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  1. 次へ
  1. ホーム>
  2. ハプラスブログ