HAPLUS ハプラス歯科
営業時間
カウンセリングのご予約・お問い合わせ メールで問い合わせ 初診予約はこちら
中文版 英語版

HAPLUS ハプラス歯科

  1. ホーム>
  2. ハプラスブログ

鎮静法

その他 心の健康 鎮静法ショパンコンクール2021[2021/10/19]

私は東京でいちファンとして音楽を愛している歯科医の木村といいます。音楽家の皆様を尊敬しています。

さてもうじきchopin competition 2021はファイナルがはじまりますね!そして喜ばしいことに今回は我が祖国日本から2人もファイナリストに残られたよう。

こんなにレベルの高いピアノの中で。

本当にすごい。しかも二人とも、個性ありますよね。素人の私でも少し感じます。

いつかお食事させてもらったピアニストの方がおっしゃっておられました。音楽家は自分の音楽がないと、と。上手なのは当たり前で、その先って事なんですよね。

3次予選は私は感動したかと思えば眠くなり、そして寝てしまった人がファイナル残ったり、もう勘弁して!!ってくらい聴かされた人が落選と、当たり前ですが、誰が最高なのか、わかりません。楽譜も無ければショパンとは、ポーランドとは、もわからないし、純粋に楽しめる今が幸せだなあ。

これはピアノコンペは今後20年は楽しみにできそうです!

さてファイナルは以下の方々。

 

3次予選、みなさん凄かったんですがわたしめちゃ推しこの人。何とも言えず、私ごときには表現できません。

 

 

 

 

 

 

 

 

ひょっとしたら調布市仙川ですれ違っていたかもしれない北海道の天才児がこんなに立派に。すごいですね。

 

ピアノの森に数コマあるんですが、このレベルまで達すると順位どうでもいいです。

すごい。

 

 

個人的には奏者もそうなのですが、楽器のほう。シゲルカワイに勝ってほしい。スタンウェイに勝ってくれないかなあ。

決勝で誰か一人でも使ってほしい。

BuiさんもLeeさんもカワイ使ってくれていた。

そしてこのへんで寝ます。理由は決勝は聞いても、もうわからないからです。協奏曲になると、一気に聴く要素が変わって、ああ良かったなで全部終わるから、寝て。また明日聴くことに。

おやすみなさい。

 

でももし日本人が勝ってしまったら、すごい。そしてあり得る、とも思う。舞台は生きているし、何があっても不思議はない。

今日は全く歯にも健康にも関係ない事書きました。すみません。

おやすみなさい。

 

 

ハプラス歯科 木村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心の健康 鎮静法偉大な芸術に触れると、魂は若返る。[2021/10/15]

東京で16年歯科医師をしています木村です。今日は健康に役立つかもしれない内容です。

16年やってきて、単純に数字の結果だけだと良い位置に来たなと思えますが、苦もあれば楽もありました。

そんな今年も10月に入ってからたまに眠れない夜があります。いい意味で、です。

理由は欧州のポーランドで5年に一度の、おそらくは世界最高のピアノコンペティション、ショパンコンクールが開催されているからです。今はyoutubeで配信が見られるようになったので、うっかり寝入り時にライブ配信に当たってしまうと、眠れず深夜になります。

心が疲れた時、病みそうな時の薬はいくつかあるようですが、その一つが芸術です。

いくつもの研究で証明されています。

音楽、とりわけクラシックも好きで、良かったなと思います。

 

ショパンのピアノは、格別です。

芸術好きな人種の中では理解の浅いミーハーな層だと自認して、ショパン推しなのですがそれでいいかなと思っております。好みがあると思うので、好きな芸術でいいと思います。触れると心は治癒に向かいます。

私は完全に歯や会社の事を忘れられます。一人の世界に入れます。

どうしてこんな音楽を生み出せたのか。1台のピアノでこんなにもすごい音楽を構成できて、ピアノ独奏なのに全く飽きない。

その最高の作品群を、超、超一流の若手ピアニストたちが本気も本気で演奏して競います。「若い人」が本気で、というところがこのコンクールがずっと輝いているポイントかもしれません。

今年は日本人コンテスタントのかたも上まで残れそうなくらい、2次予選までは終わりました。

いいかげん聞きあきてお腹いっぱいになって眠くなる頃に、眠れます。

 

悩みもある毎日ですが、幸せな眠りです。芸術はやはり心に良いです。

ハプラス歯科 木村

 

医院の事 鎮静法鎮静薬はまだ品薄。[2021/09/09]

東京にて4医院のハプラス歯科、

静脈内鎮静法1000症例施術の理事長木村です。

新型コロナの蔓延で、全世界的に鎮静薬の需要が高まり品薄です。

歯科麻酔学会のHPにも供給回復の目処なしとのアナウンスでした。

おそらくコロナで重症化した患者様の病棟管理などに使われていて、そこに莫大な量が必要なのだと思われます。

歯科治療はすごく不安だから鎮静法で、しかもすごく深くかけてください!

という患者様も一定数おるのですが、本当に薬が必要な人に回すべきなので仕方ありません。

最近では外来で基本のライトセデーションを再度徹底し、術野の的確な浸潤麻酔などに努めさせています。患者様にも、鎮静歯科は完全に眠ってしまうわけではないということのご理解を頂きたく存じます。

こんなところにもコロナの余波ですが、ともに協力して乗り切って行きましょう。

 

ハプラス歯科 木村

 

  1. 次へ
  1. ホーム>
  2. ハプラスブログ