HAPLUS ハプラス歯科
営業時間
カウンセリングのご予約・お問い合わせ メールで問い合わせ 初診予約はこちら
中文版 英語版

HAPLUS ハプラス歯科

  1. ホーム>
  2. ハプラスブログ

鎮静法

鎮静法鎮静下での歯科治療の実際。[2022/01/19]

1日1例から2例ほど鎮静法を行なっているハプラス歯科の木村です。私は麻酔専門医なのかと錯覚するくらいの頻度ですよね。鎮静法を受けようと思っておられる患者さんの立場で考えてみると、施術料は高いですよね。うちもなんとか今の値段でやってこれましたが、それでもこんど値上げします。他の先生のところはもっと麻酔費用高くなっているはずです。それもそのはず。やはり行う処置のインパクトと、患者さんの不安からくる術者のストレスが、相当のものだからだと思います。間違うと危ない薬も使いますので、麻酔の先生たちの勉強量も相当必要だと考えると、大体今の日本の値段になるのだと思います。

患者さんでそもそも歯科が怖くて、不安で、無痛治療、とか、鎮静、歯科とかで調べる方は、大体歯医者を疑ってかかってきます、当然ですよね。過去の嫌な経験で歯科恐怖になっているわけですから。大丈夫だと思っていても、実際は麻酔効かないんじゃないか、寝れないんじゃないか、痛いんじゃないか、という疑いで持ってかかってきます。するとどうなるか。鎮静は至適鎮静深度に達しているものの、「先生、まだ寝れないんですか?まだ鎮静って始まらないんですか?何も感じないんですけど!」みたいなことを治療中に口走ります。もう効いてるんですけれどもう効いてますよ、とは言えず、もう少しですかね〜とか少し深くしましょうかね〜とか話して処置はそっと進めていくわけですが、それでも寝たり起きたりの時の起きる時に色々口走られまして、隣の診療室の患者さんにも丸聞こえで、そうかと思えば大いびきで寝て最後終わる、というのがよくあるパターン。そういう方は終わったあとはもう終わってたんですか?私何か言ってませんでしたか?全然痛くなかったです、ありがとうございました、先生に宜しくお伝えください、みたいな感じになります。よかったですねと顔で笑いつつ、そうだよなちゃんと効いてたよな、ああクレームならなくて良かったと安堵し、術中ストレスを感じていた自分に気付きます。やってるこちらもたいへんです。

そんなこと年に200回もやると流石に疲れてもきますし、クレームも出るかもなという嫌な予感も感じますので、そろそろお値上げしてもいいかなと思い激安はやめる事にしました。そもそも虫歯や型取り歯石除去、つまりエアや振動を与える処置は鎮静には不向きで、SRPやインプラントOPEなど水や刺激少なめの処置が最大適応ですので、クリーニングくらいは普通にやれるようになってから歯医者での治療はするのがいいと思います。ちょっと患者さんを慮って頑張りすぎてた反省もあり、それでも鎮静でなるだけ処置したい患者さまを大切に見ていこうと思います。

ちなみに当院に鎮静希望でいらっしゃられる患者さまはほとんどが他で一回鎮静や笑気をやっても全然ダメでそれで切り替えていらっしゃられる方ですので、ご検討なされている患者さまは、その医院の症例や頻度を効いて、実際ちゃんと怖くないのか確かめてからお金も都度都度で払うことをお勧めします。鎮静は払ったお金は返ってこない事がほとんどなので、お金を無駄にしないようにくれぐれもお気をつけ下さい。

今日も2例鎮静があり、よく眠れそうです。その患者さまたちも今頃ぐっすりだと思います。鎮静は2月1日のカウンセリングの方から1回5万円となります。ご理解いただけますと幸いです。

ハプラス歯科 木村

医院の事 鎮静法鎮静法 値上げします。すみません。[2022/01/10]

静脈内鎮静法を1000例(普通の歯医者さんは0例、麻酔専門の先生でも1000例はまれ)ほど行ってきました歯プラス歯科の木村です。

2022年も忙しく仕事始めました。

このたび麻酔薬剤の高騰と、色々と思うところございまして、ハプラス歯科での鎮静麻酔の費用を値上げさせていただくことになりまして、患者さま各位におかれましてはご理解をいただけますと幸いです。今まで患者さまのためにできるだけ低価格にて処置を行なって参りましたが、昨今の状況を鑑みましての判断となりました。すみません。

と言いましても、もともとインプラントの処置のばあいには治療費はものすごく高額になりますので、今まで通り1時間3万円いただきまして、

それ以外、虫歯ですとか親知らずですとかは、1時間5万円、普通の鎮静している歯医者さんのお値段にしようかと思います。2月から実施の予定です。今後もどうぞよろしくお願い致します。

 

ハプラス歯科 木村

その他 心と身体の健康 鎮静法ショパンコンクール2021[2021/10/19]

私は東京でいちファンとして音楽を愛している歯科医の木村といいます。音楽家の皆様を尊敬しています。

さてもうじきchopin competition 2021はファイナルがはじまりますね!そして喜ばしいことに今回は我が祖国日本から2人もファイナリストに残られたよう。

こんなにレベルの高いピアノの中で。

本当にすごい。しかも二人とも、個性ありますよね。素人の私でも少し感じます。

いつかお食事させてもらったピアニストの方がおっしゃっておられました。音楽家は自分の音楽がないと、と。上手なのは当たり前で、その先って事なんですよね。

3次予選は私は感動したかと思えば眠くなり、そして寝てしまった人がファイナル残ったり、もう勘弁して!!ってくらい聴かされた人が落選と、当たり前ですが、誰が最高なのか、わかりません。楽譜も無ければショパンとは、ポーランドとは、もわからないし、純粋に楽しめる今が幸せだなあ。

これはピアノコンペは今後20年は楽しみにできそうです!

さてファイナルは以下の方々。

 

3次予選、みなさん凄かったんですがわたしめちゃ推しこの人。何とも言えず、私ごときには表現できません。

 

 

 

 

 

 

 

 

ひょっとしたら調布市仙川ですれ違っていたかもしれない北海道の天才児がこんなに立派に。すごいですね。

 

ピアノの森に数コマあるんですが、このレベルまで達すると順位どうでもいいです。

すごい。

 

 

個人的には奏者もそうなのですが、楽器のほう。シゲルカワイに勝ってほしい。スタンウェイに勝ってくれないかなあ。

決勝で誰か一人でも使ってほしい。

BuiさんもLeeさんもカワイ使ってくれていた。

そしてこのへんで寝ます。理由は決勝は聞いても、もうわからないからです。協奏曲になると、一気に聴く要素が変わって、ああ良かったなで全部終わるから、寝て。また明日聴くことに。

おやすみなさい。

 

でももし日本人が勝ってしまったら、すごい。そしてあり得る、とも思う。舞台は生きているし、何があっても不思議はない。

今日は全く歯にも健康にも関係ない事書きました。すみません。

おやすみなさい。

 

 

ハプラス歯科 木村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  1. 次へ
  1. ホーム>
  2. ハプラスブログ