HAPLUS ハプラス歯科
営業時間
カウンセリングのご予約・お問い合わせ メールで問い合わせ 初診予約はこちら
中文版 英語版

HAPLUS ハプラス歯科

  1. ホーム>
  2. ハプラスブログ

医院の事入社式[2021/04/10]

今年で9年目の新入社員を迎えるハプラス歯科の木村です。

大きな会社がなぜ新卒を採用するのか、それは色々理由がありますがやっぱり良いから採るわけですね。

そこで当院も4月は毎年何人か新卒さんが入社してきてくれます。

少子化でどんどん採用は難しくなりますが、今のところまだ当院はいい子たちが入ってきてくれております。

今年から人数が増えて皆で集まらなくなっちゃったので、今年からはじめて会場を借りて何とかやりました。

あわせてインビザラインの講義も開いて、あっという間に2時間終わりました。

自己紹介をみんなにしてもらったのですが、結構ちゃんとみんな話せるものです。

当院の人手不足は永遠に、ですが、昔よりはちょっと回復です。

新年度も頑張れそうです。

木村

 

 

 

 

 

医院の事 新宿ハプラス歯科緊急宣言終わっての新宿。年度末。[2021/04/01]

2度目の緊急宣言も無難に乗り切れたハプラス歯科、新宿、渋谷、池袋、北千住の木村です。

宣言があけて診療時間ももとに戻しています。

今日は新宿から。

緊急宣言中の新宿西口かいわいは、おそらくここ50年で一番人の少ない時期でした。

飲食のお店も次々閉じて道はシャッター通りになって、ここは何処って雰囲気。

でも宣言終わって少し人出が戻ったように感じます。これから少し地域も良くなりますかね。

 

桜も満開になり、明日からは新年度になります。早いですよね。患者さまのどなたかがおっしゃられていましたが、一月は行く。二月は逃げる、三月は去る。

何はともあれ最初の四半期終わってしまいました。安全にやれたので何よりでした。明日からは新人さんたちも入ってきてくれるので、少しは人手不足解消、できそうですし、楽しみです。毎年この時期新顔が入ってきて、患者さんたちはご不安かと思いますが、最近は人も定着して後輩を先輩が教えられるようになっているので、前より気が楽です。

それでは新年度も皆様よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

新宿ハプラス歯科 木村

 

 

歯科経営 渋谷ハプラス歯科最近の渋谷ハプラス歯科[2021/03/23]

最近の渋谷医院

 

 

おそらくはAsiaで最もcoolな街のひとつ、渋谷で歯科医院を運営している渋谷ハプラス歯科の木村です。

渋谷医院の院長先生を矢野から篠原に交代したり、スタッフも少し入れ替わったり、コロナウィルスで緊急事態宣言が発令され1ヶ月のあいだ閉院したりと、もうじき渋谷を開院して3年となるのですが、渋谷医院がどうなったかというのをご報告いたします。

私木村自体は1週間に1日とか1.5日ぐらいしか診療で足を運べなくなっておるのですが、その日その日にわざわざ検診や診察を受けに来てくださる患者様もいらっしゃり、相変わらず忙しくお仕事をさせていただいております。

今日はメインテナンスで来ていただいた患者さま皆さまをチェックしつつ、all on 4の患者さまにおまけで2本インプラントを追加したり、all on 4の抜糸をしてプロビの調整をしたり、インビザラインの患者さまの両側8番埋伏を抜歯したり、右臼歯の上下全部のインプラントジルコニアを同時にセットしたり、サイナス回避の患者さまの傾斜インプラントを2次オペしたり、嘔吐反射の外国人の患者さまを鎮静下でインプラントオペしたり、アメリカで入れたインプラントを補綴前に仕事で日本で来たけどコロナで帰れなくなったという患者さんに日本は花粉ひどいよと言われつつ上部構造をセットしたり、といった感じです。こう書いてみると本当に歯医者冥利に尽きる診療をさせていただいております。皆さまお疲れ様でした。

立ち上げの時の衛生士だった子も育休でお休みに入り、交代で池袋の衛生士たちが繋いでくれ、その後新しく入ってくださった関西の衛生士さんが処置を頑張ってくれ、池袋ハプラス開院時の第一号衛生士さんのH岡さん、実は英語が得意だということがわかり、英語で外国人の患者様を非常勤でメンテナンスしたりと、帰ってきてくれた人もおります。

矢野は実家の家業をつがねばならぬので退職、と言う話から早1年半が経ったのですが、なんかまだ診察に来ていて、終わらない患者さんを診ています。

肝心の渋谷の全てを任せた新院長の篠原は、ものすごく若く、そして多くを語らないので、さぞストレスも多く大丈夫かと心配になるのですが、問題らしい問題は全く起こさずむしろ性格的にも症例的にも問題のある患者さまの治療もきれいに仕上げるので、大したものだなと感心しています。

そしてそれを支えるのは20代前半のスタッフHさんなのですが、手技は全社の中で最も熟達するに至り、若くして渋谷院の主任となりました。

渋谷の街は若く、新たなムーブメントが起こり、変化も大きい街と言うのは皆が感じるところではないかと思います。それに合わせたわけではありませんが、歯プラスの渋谷医院も、1番大きな変化をした医院となりました。そして最も若い医院となりました。

ある一定の患者様たちに支えられ、ああほんとうになんとかなってしまったなという近況でした。

渋谷の街の緊急宣言明けはすばらしく、改めて勢いを感じた光景がそこにはありました。宣言明けに戻ってきて下さった患者さまがた、ほんとうにありがとうございました。

さいごに、本日いらして下さった患者さまの中に女優さんがいらっしゃるのですが、お若いのに先日ご自分の舞台を主宰なさり、私は行けなかったのですが、記念のグッズを持ってきて下さりました。Tシャツ着てブログあげますねとお礼したのですが、最近まじで腹が出すぎてオジさん丸出しなので、品のみ出しときます、ありがとうございます。開院やコロナでとんと舞台も観に行けてないのですが、今年は何か観に行きたいものです。せっかく芸術とエンタメの街、渋谷にいるんですしね。

みなさまも、最近の歯科は半分は楽しむものと捉えていただいて、何かお出かけのついでに当院をご利用くださいますと幸いです。

 

 

 

 

渋谷ハプラス歯科 木村

 

 

 

  1. 次へ
  1. ホーム>
  2. ハプラスブログ